1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/05/29(火) 00:10:59.74 ID:bVoL5O4v 
   ゲームセットの瞬間、阪神・金本知憲外野手(44)が激怒した。低いと見極めた球をストライクと取られて見逃し三振。  
  思わず判定に不満をもらした際の、飯塚球審の態度、言葉にキレた。当然、判定は覆らず、今季8度目の完封負け。  
  新井貴浩内野手(35)が2度の好機に凡退したことが響いた。後味の悪い敗戦。連勝は3で止まった。  
   自信を覆されたジャッジ。四球が一転、最終打者の憂き目。天と地を分けた1球。鉄人の顔色が変わった。異を唱えずにはいられなかった。  
  だが次の瞬間、看過できないフレーズが鼓膜を揺さぶった。金本の怒りが爆発した。  
   代打で登場した九回、2死一塁。フルカウントからの8球目。牧田が投じた内角直球。低い-。  
  見極めた目を信じ、金本はバットを動かす手を休めた。ストライク-。あ然ぼう然。飯塚球審に詰め寄った。  
 
  【金本に飯塚球審「なに偉そうに言うてんねや」】の続きを読む