タイガースデン

    タグ:スパイス

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/07/22(日) 05:40:05.97 ID:kFhcIjZM 
      甲子園の外周にいたファンが見慣れぬ光景に目をパチクリさせていた。伊藤隼は二重跳びを披露した。金本も軽快に汗を飛ばした。  
      ブラゼルはうまくできずに走り跳び。大型送風機が設置され、湿気が支配する室内練習場でナインは縄と戦っていた。  
      和田監督は「トレーニングだけじゃなく、すべての面で原点に返ろうということ」と強調した。練習開始は午後4時。  
      冒頭に指揮官の6分間にもわたる訓示があり、その後、選手たちは伊藤トレーニングコーチから珍メニューを通告された。  
      用意されたのは縄跳びやチューブ、スクワットなど6種類。4、5人でグループを作り、1分間ごとに右周りに次のメニューへと進むというものだ。  
      発案者は伊藤コーチと土屋トレーナー。前日、伊藤コーチが近くのコーナンに足を運び、15メートルの縄を購入。3メートルほど切って仕上げた。  
      「体全部を使えます。みんなで楽しめますからね。1分間もやると結構きついですよ。僕も阪急時代にやってました」と説明した。  
      リラックスも目的の1つだが、一体感を高めるのも狙いだ。関係者によると選手を前にした和田監督の訓示内容はこうだった。  
      「まだまだあきらめるようなものじゃない。私は全然あきらめていない。今の数字で満足する人はいない。きょうから後半戦が始まるつもりでやろう。  
      阪神タイガースの力はこんなもんじゃない。もう1回原点に返って、4月5月の野球をしよう」  
      http://www.sanspo.com/baseball/news/20120722/tig12072204030004-n2.html

      Baidu IME_2012-7-22_6-38-57
     
     
       【阪神、和田スパイスで原点回帰】の続きを読む


    このページのトップヘ