タイガースデン

    カテゴリ:小豆畑真也

    1: 風吹けば名無し 2013/01/31(木) 23:32:36.61 ID:wAbMW8y9

    これがプロの厳しさか…。阪神のドラフト4位・小豆畑真也捕手(24=西濃運輸)が
    宜野座村野球場のブルペンで岩田ら主力投手の球を受けたものの
    岩田独特の動く球を捕球できずポロリ、ポロリ…。「キャッチングというレベルに達していない」。
    涙がポロリとこぼれ落ちそうな表情で、最悪のスタートとなった合同自主トレ初日を振り返った。
    「自分のレベルを知るいい機会になりました。(レベルの)差を埋めていかないと。1軍レベルの投手の球は
    少しでも気を抜くと捕れない。早く追いつかないといけない」
    鳴尾浜での新人合同自主トレで見せていた兄貴分の姿は影を潜め
    先乗りメンバーのほとんどが先輩の中では、一転して萎縮気味だった。
    「気持ちがふわふわしている。しっかり地に足をつけてやらないといけない」
    練習終了後にはファンにサインするなど、雰囲気に慣れようと必死。
    南国での1ヵ月で課題を克服し、一歩ずつ、正妻への階段を上がっていく。


    引用元: 【悲報】小豆畑ポロリ連発… 【小宮山二世】

    【【悲報】小豆畑ポロリ連発… 【小宮山二世】】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/01/22(火) 11:56:56.49 ID:i4DRVl3k

    阪神D4・小豆畑、関西弁で「ええボールや」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130122-00000519-sanspo-base

    阪神のD4位・小豆畑真也捕手(西濃運輸)は21日、関西人への“変身”を目指す。
    「実家に電話をしたときにも、しゃべり方が(関西風に)変わってきているといわれました」と照れた。
    ブルペンで藤浪の投球を捕球中には「ええボールや!」と関西弁で声を張り上げた。
    岐阜県出身だが、徐々に関西になじんできたようだ。


    引用元: 小豆畑「ええボールや!」

    【小豆畑「ええボールや!」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/01/09(水) 06:37:20.43 ID:rd725EAz

    虎の正妻へ!小豆畑、ノムさんお手本11冊 
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20130109/tig13010905020009-n2.html

    >「社会人時代から読んでいて、厳選してきたものを持ってきた。考え方とかでヒントを得て知識を増やして、引き出しの多い選手になりたい」

     描く理想像へ、指南役を仰ぐ。『野村の「眼」』に『野村ノート』、『負けに不思議の負けなし』…。
    徹底的に理論付けされた投手心理に配球、つまりは“ID”を本棚に並べた。

     捕球から二塁到達までの送球は、プロでもトップレベルの1秒78を誇る小豆畑。
    その強肩に、打撃力と野村イズムが加われば、行く末は古田(元ヤクルト)か阿部(巨人)か…。


    【阪神 小豆畑、計11冊のノム本を持参】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:47:40.86 ID:v9J+9r1P 
     


     
     
       【小豆畑、あずにゃんと呼ばれてる事を知る】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/26(金) 14:12:46.47 ID:2FrDJO7w 
      「実は小豆はあまり好きじゃない」というが、まずは「一度も正しく読まれたことがない」という「あずはた」という名前を売り込む。  
      座右の銘である「鍛錬千日、勝負一瞬」という言葉を胸に、プロの世界に飛び込む。【福岡吉央】  
       
      ◆小豆畑(あずはた)メモ  
      福島県内で農業を営んでいた小豆畑の4代前の先祖が、収穫した小豆を白河藩に上納し、味が抜群だと絶賛され、小豆畑の名字を与えられたという。  
      父照観さん(54=僧侶)によると、福島県、茨城県に多いが、西日本には稀で、東海3県では1軒だけという。  
       
      http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2012/news/p-bb-tp0-20121026-1037999.html  
     
       【阪神4位小豆畑「小豆はあまり好きじゃない」】の続きを読む


    このページのトップヘ