タイガースデン

    カテゴリ:久保田智之

    1: 名無しさん 2018/12/07(金) 08:06:16.97 ID:QF96G8yG0

    阪神・久保田 今季限り現役引退へ 「JFK」で05年V貢献

     阪神の久保田智之投手(33)が今季限りで現役を引退することが1日、わかった。今年2月の右肘手術から復帰できなかった。近日中に引退会見が開かれる。05年のリーグ優勝を支えたJFKの最後の一人も、ついに阪神のユニホームを脱ぐ。

     鉄腕と言われた久保田もケガには勝てなかった。「(肘が)本来の状態ではない…」。親しい関係者に漏らした本音。プロ12年間の現役生活にピリオドを打つ決意をこの日までに固め、球団も了承した。近々、引退会見の場が用意されている。

     05年はジェフ・ウィリアムス(現駐米スカウト)、藤川球児(現カブス)と最強の救援陣を形成し、名前の頭文字をとって「JFK」と呼ばれた。守護神として最後9回を任されて、リーグ優勝に貢献。胴上げ投手にもなっている。

     セットアッパーの7回に配置転換された07年にはプロ野球記録となるシーズン最多の90試合に登板。防御率も1・75で、日本タイ記録の46ホールド(当時)、日本新の55ホールドポイント(同)をマーク。同年から2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルも獲得した。

     ただ、その裏で酷使された右腕が悲鳴をあげていたのだろう。自慢の速球が痛打されることが増え、球速も130キロ台にまで落ちたことがある。先発転向した09年には右肩を痛めた。

     それでも名実ともに猛虎史に名を残したのは確かだ。ある球団関係者は「苦しい中でも腐らずに(トレーニングを)やっていた。常に頑張っていた。練習態度も素晴らしい。(球団の)功労者」と功績を最大級に評価する。

    20141002-00000001-spnannex-000-4-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141002-00000001-spnannex-base


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1544137576/

    【久保田が引退を発表、炎上が止まらず… 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/11/07 12:08:09 ID:yBP3JayJ

    日刊スポーツ 11月7日 11時50分配信
     阪神の高野栄一球団本部長は7日、海外FA権を保有する鳥谷敬内野手(32)と国内FA権を持つ久保田智之投手(32)が、FA権を行使しないと明かした。

     秋季キャンプ地の高知・安芸で「昨日、鳥谷選手と久保田選手からFA宣言しません、と連絡をもらいました。今後は通常の契約交渉をしていきます」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00000016-nksports-base


    引用元: 【阪神】鳥谷と久保田はFA宣言せず残留

    【【阪神】鳥谷と久保田はFA宣言せず残留】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/04/24(水) 03:23:49.16 ID:ek3g45xA

    2013-04-22 21:30:10
    お久しぶりです
    テーマ:ブログ
    皆さん、こんにちは。
    しばらくブログの更新が滞ってしまい、申し訳ないです...

    報告が遅くなりましたが、一昨日、一軍に上がりました!

    いつ一軍に呼ばれてもいいようにしっかり準備してきたので、少しでもチームに貢献出来るように頑張ります。
    応援よろしくお願いします!

    http://ameblo.jp/kubota-t30/entry2-11516318424.html#comment_module


    引用元: 久保田の一昨日のブログ読むと切なくなってきた

    【久保田の一昨日のブログ読むと切なくなってきた】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/07/09(月) 12:10:38.12 ID:COmodJgf 
      阪神“自力V”消滅は誰のせい?捕手補強も久保田と交換で実現せず  
       
      もはや“底なし沼”。阪神は8日の巨人戦も2-3で逆転負けし、今季初の6連敗で、開幕から75試合目にして自力優勝が消滅した。  
       リーグ戦再開後は3勝11敗。最下位の横浜DeNA(3勝10敗)も下回る惨状で借金9。和田豊監督(49)も「とにかく甲子園に帰ってやるしかない。このままなんとか踏みとどまって、しっかりやります」と絞り出すのがやっとだ。  
       もはや優勝の可能性が現実として遠のいたことで、球団には判断が求められる。緊急補強であくまで上位を追いかけるのか、それとも目標を下方修正して来季以降を見据えた戦いに切り替えるのか。  
       高野栄一球団本部長は「今はこの戦力で戦ってもらうことだと思います。ファンに対しても、チームにもう一回奮起してやってもらう、としか言いようがないですね」と歯切れが悪い。  
      和田監督をはじめ、現場だけに責任を負わせられないのは致し方ない。球団としても、危機管理の点でサポートが十分であったとは言い切れないからだ。  
       実は開幕前、左ひざと右ひじに故障を抱える城島健司捕手(36)にくわえ、藤井彰人捕手(36)まで2月のキャンプ中に左脇腹を痛めたことで、実績のある捕手の緊急補強も検討していたという。  
       だが、実際には成功していない。関係者によると「オリックスの日高剛捕手をトレードで獲得する話もあったが、交換相手に求められたのは久保田智之投手ら実績のある選手。首をタテに振らなかったようだ」という。  
      結局、補強に踏み切れなかった結果、城島は腰椎椎間板ヘルニアの手術で前半戦は絶望。藤井も度重なる故障で戦列離脱を繰り返している。  
       低迷の原因は捕手だけではないが、不測の事態への準備不足は明らか。これでは現場もフロントも、威勢のいい巻き返しを誓う声が上がらないはずだ。  
      http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20120709/bbl1207091137000-n1.htm  
     
       【【悲報】阪神久保田とオリ日高のトレードが不成立】の続きを読む


    このページのトップヘ