タイガースデン

    カテゴリ:マートン

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/24(金)22:49:53 ID:lYDcVIglX

    良いも悪いも、クリーンアップが頑張った年やった


    引用元: デイリーの紙面一覧見てると如何に鳥ゴメマーが頑張ったか分かるな

    【デイリーの紙面一覧見てると如何に鳥ゴメマーが頑張ったか分かるな】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/09(木)11:15:16 ID:2tFFxl6cz

    スタンドの赤色が黄色に変われば、猛虎にとってはCSファイナルS進出への青信号になる。マット・マートン外野手(33)が8日、阪神ファンに向けて、熱烈な応援を改めて呼びかけた。
    「去年は(球場が)赤くなったから、今年はぜひ(全体を)黄色にしてほしいね」。11日に開幕するCSファーストSで、後押しして欲しい―。そんなお願いだった。
    昨年の同じ広島とのファーストSでは、甲子園球場全体の4割がカープファンで埋まった。レギュラーシーズンなら、ほぼ全試合で黄一色に埋め尽くされるスタンド。半面が赤に染まったのは、まさに異例の出来事だった。そんな現象に圧倒されたわけではないが、普段とは違う球場の雰囲気を感じた。結果は広島に2連敗。チームとしては赤信号でストップされたようなもの、だ。
    6日には自身のツイッターでも「今年は“レッド”を圧倒しようぜ」(和訳)というメッセージをつぶやき、ファンにバックアップを呼びかけていた。昨年は左翼の守備位置で後ろに陣取るカープファンの存在を間近に感じたからこそ、力を込めたのだろう。
    マートンは7日まで宮崎でフェニックス・リーグに調整出場。8日はオフをとり、9日には全体練習に参加する。日頃からファンとの交流を大切にするM砲。ポストシーズンも虎党と共に戦い抜くつもりでいる。
    阪神はこの日午前10時に、CSファーストSの入場券一般販売を開始。両チームのファンが一斉に買い求め、第1、2戦については午後0時15分に売り切れた。第3戦にもつれた場合の13日分も午後6時過ぎには完売。当日、スタンドは果たしてどのような色合いを見せるのか―。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141009-00000088-spnannex-base


    引用元: 甲子園真っ黄に!マートン、ツイッターで呼び掛け「レッドを圧倒しよう」

    【甲子園真っ黄に!マートン、ツイッターで呼び掛け「レッドを圧倒しよう」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/03(水)00:46:53 ID:9pdyKhCUo

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20140902/den14090222120005-n1.html

    黒羽根(本塁クロスプレーでマートンに生還され)「あれはアウトと言ってくれないと、体がいくつあっても足りない」


    引用元: 黒羽根「あれはアウトと言ってくれないと困る」

    【黒羽根「あれはアウトと言ってくれないと困る」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/29(金)00:34:57 ID:ysHISSuQF

    なんかわからんがモノ足りん

    もちろん必要な選手やから応援もしとるけど
    この3連戦とか大事な試合で活躍しとるかわからん・・


    引用元: 阪神ファンだがマートンが首位打者争いしてることについて言いたいことがある

    【阪神ファンだがマートンが首位打者争いしてることについて言いたいことがある】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/25(月)13:16:06 ID:WwNXm4cjN

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140824-00000042-sanspo-base
    飯塚球審は「明らかに侮辱する言葉があったので」と説明。さらに「最近も目に余る感じでしたが、きょうは明らか」と話した。
    前日22日にもストライク判定で審判に詰め寄り、指揮官らが間に割って入る一幕があった。退場は2013年9月14日のヤクルト戦(神宮)以来。
    阪神で通算3度の処分は和田監督と並んで最多(選手、コーチ、監督でそれぞれ1度)だが、
    プレーヤーとしてなら、ワーストを更新する不名誉な記録。審判団からは要注意人物に指定されている。


    引用元: 【野球】マートン、審判団から要注意人物に指定されていた

    【【野球】マートン、審判団から要注意人物に指定されていた】の続きを読む


    このページのトップヘ