タイガースデン

    カテゴリ:阪神タイガース

    1: 名無しさん 2019/02/26(火) 06:59:25.83 ID:jeWOlkjP0

    捕手 梅野 坂本
    一塁 マルテ ナバーロ
    二塁 糸原 上本
    三塁 大山 陽川
    遊撃 北條 木浪
    外野 中谷 江越 近本 高山

    どこもええ争いしてるで


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1551131965/

    【【朗報】阪神のレギュラー争い、レベルが高すぎる 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/02/17(日) 11:54:56.00 ID:NcAFSaE60

    鳥谷敬は目立っているけれど……。藪恵壹が見た、阪神キャンプ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00833511-number-base&p=2

     矢野監督はキャンプを迎える前に、すべての選手が横一線の「競争」であると話していましたが、鳥谷はまさにそれを象徴している選手でしょう。

     ただ逆に言うと、「競争」という意識を感じるのは鳥谷くらいなんです。他のベテラン選手はやはり例年通りのペースですし、全員スタートラインが同じなんだという危機感、ギラギラした野心というのはあまり感じられませんでした。

    また巨人も見てきましたが、戦力補強した分だけ、今までいた選手の目の色が違う。
    菅野(智之)は別格ですが、田口(麗斗)などは、ここ数年で一番いいのではないかと思えるようなブルペンでの投球でした。チーム全体に余裕すら感じます。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1550372096/

    【【悲報】阪神OB藪恵壹さん「巨人の選手は目の色が違うのに阪神は鳥谷以外ヌルすぎる」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/02/09(土) 17:39:50.13 ID:SPZaxGkE0

    最下位からの巻き返しを期す阪神を巡って“休養論争”が噴出中だ。
    8日は今キャンプ2度目の休日で、選手たちは第3クールに向けて英気を養った。
    3勤1休が続く今年の日程にはファンや球界OBの間から「休み過ぎじゃないか…」と批判的な声もあるが、球団側は「問題ない!」と猛反論する。

    そんな意見を後押ししているのが、元中日監督の落合博満氏(65=野球評論家)だ。
    昨年、関西のラジオ番組に出演した際に、秋季キャンプを終えたばかりの阪神を「まだダメだな。
    練習していない。下から行くときはあんなもんじゃダメ」と一刀両断。
    さらに「強くしようと思うなら、2月1日からのキャンプから1シーズン休みなし。
    キャンプ中も休みなし」と“地獄キャンプ”を推奨した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000023-tospoweb-base


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549701590/

    【【悲報】落合「阪神はダメだな。練習していない。下から行くときはあんなもんじゃダメ」と一刀両断 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/01/30(水) 06:36:55.04 ID:NtP+mlfFd

    オリックスから阪神にFA移籍した西勇輝投手(28)について、
    能見は「茨(いばら)の道に来たな、と思いました」と語り、スタジオはどよめき。
    「オリックスの選手たちは楽しく(野球を)やってるな、という感じを受ける」とし、
    「阪神でそれは無理なんで」「(西本人が)思っている以上に大変だと思います」と断言する。

    オリックスから阪神に移籍した桑原も「実際、オリックスにいたときは楽しかったです」と同調。
    小杉に「その言い方やったら“今は楽しくない”になってまうで!」とツッコまれる事態となる。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/01/29/kiji/20190129s00001173234000c.html


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548797815/

    【【悲報】能見「阪神で楽しく野球をするのは無理」桑原「今は楽しくない」 】の続きを読む


    このページのトップヘ