タイガースデン

    カテゴリ:原口文仁

    1: 名無しさん 2019/11/24(日) 21:19:36.83 ID:6kvHe0Dcd

    今年1月8日に人間ドックを受診し、その当日に大腸がんを宣告されたという。
    1月26日に手術を受け、2月2日に退院するまでの入院期間中に病理検査の結果やステージ3bだったことを告げられた。
    2月6日から7月9日まで抗がん剤治療を受け、その治療を終えることになった7月9日が球宴のプラスワン投票選出と重なった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-11240282-nksports-base


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1574597976/

    【阪神原口の大腸がん想像以上に進行していた 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/07/24(水) 22:04:50.86 ID:sfZWN3SY0

    また、今季初めて捕手としてスタメン起用した原口については「あいつ自身がキャッチャーやりたいといってキャッチャーやってるし。いつもキャッチャーとしての準備十分やってるので。
    キャッチャーとして消してるわけでもなんでもないので、俺の判断で必要だなと思うときはもちろん、原口キャッチャーというのはある」と説明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000575-sanspo-base


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1563973490/

    【【感動】阪神矢野監督「原口がキャッチャーやりたいって言ってた」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/07/24(水) 22:25:44.55 ID:OHXG35zM0

    また、今季初めて捕手としてスタメン起用した原口については
    「あいつ自身がキャッチャーやりたいといってキャッチャーやってるし。
    いつもキャッチャーとしての準備十分やってるので。
    キャッチャーとして消してるわけでもなんでもないので、俺の判断で必要だなと思うときはもちろん、原口キャッチャーというのはある」
    と説明した。

    前半はわかるんやけど後半が謎や


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1563974744/

    【阪神矢野監督のコメントが理解できない 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/06/09(日) 20:02:24.73 ID:sVB5oNyF0

    犯罪者が復活しただけやんけ…


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1560078144/

    【阪神ファン「原口復活おめでとう!」←わかる 巨人ファン「高木京介復活おめでとう!」←!? 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/06/04(火) 23:06:46.72 ID:Ar7sSuFxa

     1月に大腸がんの手術を受けた阪神・原口文仁捕手(27)が4日、ロッテ戦(ZOZOマリン)の9回二死三塁、
    スタンドから大声援を受けながら代打で登場。今季初打席でいきなり左越えの二塁打を放った。

     気迫十分のヘッドスライディングまで見せた原口は
    「改めて一軍は素晴らしい舞台だと思いました。本当にたくさんの方に感謝というしかない。
    緊張? 自分の中では緊張していないと思っていたが、終わってみたら胃がきりきり痛みました」と笑わせた。
    阪神ファンからは「あまり無理しないで~」の声援も届いたが、原口にとっては最高の一日となった。

     試合前には二軍時代の恩師だった“ミスタータイガース”掛布雅之オーナー付エグゼクティブ・アドバイザー(62)が激励。
    「体にいい張りがあって、いい目をしていた。あの目力なら大丈夫」と予言していた通りの結果。
    試合は11―3で快勝し、これ以上ない形で交流戦を好発進した。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1420278/


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559657206/

    【阪神原口「終わってみたら胃がきりきり痛みました」 】の続きを読む


    このページのトップヘ