タイガースデン

    カテゴリ:原口文仁

    1: 名無しさん 2019/06/09(日) 20:02:24.73 ID:sVB5oNyF0

    犯罪者が復活しただけやんけ…


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1560078144/

    【阪神ファン「原口復活おめでとう!」←わかる 巨人ファン「高木京介復活おめでとう!」←!? 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/06/04(火) 23:06:46.72 ID:Ar7sSuFxa

     1月に大腸がんの手術を受けた阪神・原口文仁捕手(27)が4日、ロッテ戦(ZOZOマリン)の9回二死三塁、
    スタンドから大声援を受けながら代打で登場。今季初打席でいきなり左越えの二塁打を放った。

     気迫十分のヘッドスライディングまで見せた原口は
    「改めて一軍は素晴らしい舞台だと思いました。本当にたくさんの方に感謝というしかない。
    緊張? 自分の中では緊張していないと思っていたが、終わってみたら胃がきりきり痛みました」と笑わせた。
    阪神ファンからは「あまり無理しないで~」の声援も届いたが、原口にとっては最高の一日となった。

     試合前には二軍時代の恩師だった“ミスタータイガース”掛布雅之オーナー付エグゼクティブ・アドバイザー(62)が激励。
    「体にいい張りがあって、いい目をしていた。あの目力なら大丈夫」と予言していた通りの結果。
    試合は11―3で快勝し、これ以上ない形で交流戦を好発進した。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1420278/


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559657206/

    【阪神原口「終わってみたら胃がきりきり痛みました」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/06/03(月) 19:06:15.23 ID:Tqicm5DI0

     貯金5のセ・リーグ2位で交流戦を迎える好調・矢野阪神に頼もしい男が戻ってくる。1月末に大腸がんを患っていることを公表した阪神・原口文仁捕手(27)が3日、翌日から始まる交流戦での1軍昇格へ向けて、チームに合流した。

     1月24日に大腸がんを公表した原口は、同月末の手術、その後の懸命なリハビリを経て、3月7日にファームの練習拠点である兵庫県西宮市の鳴尾浜でトレーニングを開始。
    同月16日に屋外でのフリー打撃を再開し、5月8日には207日ぶりとなる実戦復帰をファームで果たしていた。
     ファームでは、ここまで18試合で53打席をこなし、打率1割9分6厘、1本塁打、7打点。2日のソフトバンク戦(丹波)では実戦復帰後初の本塁打、しかも左翼防球ネットを越える特大の場外弾を放ち、復活をアピールしていた。
    守備でも本職の捕手だけでなく、一塁でも出場。すでにフル出場も果たすなど、1軍昇格へ向けて着実に歩みを進めていた。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559556375/

    【阪神原口、大腸ガン後初の一軍昇格へ 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/01/27(日) 20:22:19.22 ID:0BABIPaP0

    日本ハム・中田翔が27日、インスタグラムを更新。
    大腸がんを患ったことを公表した阪神・原口文仁捕手へエールを送った。

     原口の顔写真を添付し、思いを吐露。「びっくりした」と書き出し、「彼とはオールスター?の時に挨拶程度の会話しかしてないけど素直さ真面目さが伝わってきた」と、その人柄について触れた。

     原口は昨季代打として勝負強さを発揮し、阪神にとって貴重な戦力だ。
    中田は「阪神ファンからもすごく期待してもらってる選手だと思う、彼は絶対に戻ってくる!!」と願いを記述。

    続けて「自分達が小さなことですぐ、しんどいとか疲れたとか口にしてた事を恥ずかしいと思わなければいけない。全力で応援したい!」と、熱いメッセージをつづった。

    https://www.daily.co.jp/baseball/2019/01/27/0012014518.shtml


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548588139/

    【日本ハム中田 大腸がん公表の阪神原口にエール「彼は絶対に戻ってくる」 】の続きを読む


    このページのトップヘ