1: 名無しさん 2016/09/21(水)20:55:26 ID:32A

暗黒時代の阪神には「こいつ、よう打つな~」と思わせる選手はいなかった。
98年に坪井が入団しようやくこんな男が出てきたか、とうれしく思ったもの。あれから約20年。
その坪井の新人安打数「135」に追いつき、追い抜くところまで高山が来た。

高山はなかなか面白い。
クールで野球にマジメなのに、明らかなボール球に手を出し、それをまた安打にしたりする。
内角の厳しい球にくるりと回転して打つ柔らかさに、バットコントロールが見ていて面白い。

そんな高山の練習相手を務める打撃投手たちに聞くと、次々にビッグネームが出てくるのに驚く。

渡辺伸彦(右投げ)
なんと言ってもバットのヘッドが立って、そのまま出てくる。
これが、なかなかみんな、できない。でも高山は入団してきたときからそう。
形は現役時代の金本監督そのまま。よく似ているなと思っている。

嘉勢敏弘(左投げ)
タイミングの取り方が素晴らしい。始動も早く、着地もいい。
左右の違いはあるけど谷佳知さん(オリックス、巨人)の柔らかい感じに似ていると思っています。
イチローさんは別格なんで比較しませんが…。

嘉勢が言うように、高山の得点圏打率が高いことがそれを証明している。
日刊スポーツの「打撃成績」で1位が筒香の3割8分9厘だが高山はそれに次ぐ3割8分2厘。勝負強さが光る。
一般に走者がいれば投手はクイックモーションをしたり、ボールを長く持ったり、打者のタイミングを崩そうとする。
高山は新人ながら、それに対応している。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/1713215.html
no title


引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1474458926/

3: 名無しさん 2016/09/21(水)20:59:00 ID:9qZ

肘怪我がなかったら3割行けたかもねー


4: 名無しさん 2016/09/21(水)21:05:27 ID:5fT

いつのまにか得点圏抜かれたんか


5: 名無しさん 2016/09/21(水)21:06:36 ID:mjD

金本と谷を足して割ったら気持ちわりー


7: 名無しさん 2016/09/21(水)21:09:37 ID:Dw2

打撃投手に言われてもなあ


8: 名無しさん 2016/09/21(水)21:10:52 ID:6A6

確かに並の選手では無いよね


9: 名無しさん 2016/09/21(水)21:12:03 ID:6A6

後何試合だっけ
後10本位打てるやろかな?


10: 名無しさん 2016/09/21(水)21:12:33 ID:b4k

まあルーキーで得点圏3割8分は上出来すぎるわ
それでも全然完璧やないからこそ今後が楽しみやわ