タイガースデン

    2020年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/05/12(火) 22:13:00.24 ID:5k02tiv00

    はい


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1589289180/

    【野球見始めた頃の阪神のセカンド】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/05/12(火) 23:41:21.17 ID:WW972nda0

    何?


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1589294481/

    【元阪神ソラーテの思い出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/05/11(月) 23:01:08.13 ID:X0JEnDTy0

    阪神の選手に目を向けると、若手選手で順調にきているのは、現状では梅野くらいだろうか。
    監督時代から我慢して使ってきて良かったなと思う。

    大山、中谷、陽川、原口…。

    投手で気になるのは小野や才木、高橋遥。
    入団当初から辛抱強く使ってきて今、少し伸び悩んでいる印象だ。

     ただ、ここまでくれば、あとはやはり自分自身だろう。どういう考えを持って野球をやるのか、どうやって自分に合った練習法を見つけるのか。自分自身との戦いになる。


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1589205668/

    【【阪神】元監督の金本知憲さん「阪神の若手でまともに育ってるのは梅野だけ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/05/10(日) 22:49:25.31 ID:4Dx9e2J0a

    別にインステップでもシュート回転でもええやんけ


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1589118565/

    【阪神「藤浪のインステップとシュート回転を矯正したろ!」←これが終わりの始まりだったよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/05/10(日) 15:37:27.11 ID:QQ4+gypE0

    全員が打つから金本も目立たなかった模様


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1589092647/

    【今岡、赤星、金本、桧山、片岡、アリアス、矢野、藤本←穴が無さすぎて草】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/05/08(金) 21:46:45.17 ID:V+oUKBwX0

    no title


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1588942005/

    【【悲報】里崎さん、阪神の存在を軽視してしまい叩かれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/05/08(金) 16:18:00.13 ID:0v2Pywe50

    あと1人は?


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1588922280/

    【三大名誉生え抜き「阪神金本」「阪神矢野」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/05/07(木) 05:12:43.14 ID:mwSKAQk2M

    不潔極まりない


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1588795963/

    【野球の風船飛ばしてもう出来へんよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/05/06(水) 09:43:34.56 ID:80PB3T/i0

    伊藤は、中京大中京高から慶應義塾大に進むと、主将としてチームを六大学野球連覇に導いたり二年連続大学日本代表の四番にも抜擢されるなど大活躍。
    大学の先輩に当たる高橋由伸と同じく走攻守三拍子揃った左打ちの外野手として注目され、「由伸二世」との触れ込みで2011年のドラフト一位候補に挙がる。
    しかしながら、ドラフト会議が近付くに連れて評価を落とし、地元・中日を始めとして他球団が次々と撤退。
    そんな中、阪神では金本知憲・城島健司・新井貴浩ら主軸の高齢化が進んでおり次世代の和製大砲候補が待望されていた。また葛城育郎や桜井広大らが
    この年で引退したため外野手を補充する必要もあった。そしてこの二つの需要に当てはまる即戦力として伊藤に期待し、ドラフト1巡目で指名した。
    しかし、なんJ民は言うに及ばず多くの阪神ファンにも他球団の撤退ぶりなどを背景に伊藤は地雷扱いされており、加えて当時の南信男球団社長*1
    が同じく慶應出身だったことから、当時プロ輩出数の減っていた母校を救済するための贔屓指名ではないかとも囁かれ一部では「南くんの恋人*2」と揶揄されていた。この頃阪神編成部では菊池敏幸*3ら
    東日本組は東海大甲府高・高橋周平(現中日)を、田中秀太ら西日本組は宮崎日大高・武田翔太(現ソフトバンク)を推していたが南氏が独断で押し切って伊藤を指名したとされる。

    そして入団後、伊藤に対するドラフト時のファンの懸念は的中。プロ入り後最初のキャンプでは初日から守備ではポロポロしまくり・打撃でも見るべき点がない*4
    というなんJ民の予想をも上回る斜め上な有様を見せつけいきなり阪神ファンを絶望させた。シーズンに入ってからも素人のようなプレイを全てに渡って連発し、
    走攻守三拍子揃った外野手という評価は大嘘どころか走攻守すべてで致命的なミスを繰り返す大問題児であり、1位の器ところか指名する方が間違い*5とまで言われ、
    金本の後釜どころか桜井の後釜にもなり得ない有り様にファンの失望は大きく名前の「ハヤタ」と『(走攻守で)終わった』を捩った「オワタ」や「終身名誉外れ1位」
    や51番という選手の蔑称をつけられ早々に絶望枠認定されてしまった。
    このこともあり、球団顧問を退職した2020年現在でも、南氏はとやかく言われる*6ことになる。

    脚力はあれども盗塁技術に難があり、一軍では通算で盗塁成功1回*7に対して盗塁失敗6回(赤星式盗塁マイナス11)である。またキャリア初期は走塁技術や
    判断力が特に酷く牽制死・走塁死多数という散々な結果を残した。打撃面では体格が良く鋭いスイングをする割りに打球に力がなく、良くてあへ単、
    肝心なチャンスでは三振か内野ゴロがお約束という有り様で2016年までただの1度もお立ち台経験がなかった。

    しかし、何においても特筆すべきはその守備の酷さであった。

    当時の伊藤の守備の酷さと言えば、
    絶望的なまでに空間認識能力が低く、平凡なフライの落下地点に入ることすらままならない。ライトへのファールフライを追いかけて、そのままフェンスに突っ込んだこともあった。
    ただエラーするだけならまだしも、打球の追い方を知らないため、WBC日本代表との強化試合で遊撃手・上本博紀と交錯し、上本を6ヶ月の戦線離脱に追いやる*8など他の野手にまで迷惑をかける。
    プロ野球では普通は守備機会の多いセンターに上手い外野手、守備機会の少ないレフトに下手な外野手を配置するが、伊藤はレフト線のスピンがかかって
    変化する打球をほぼ全て落球してしまう*9ので、落球されるよりはマシという理由で仕方なく長期間センターを守らされていた*10。
    肩も大学時代は強肩と評価されていたがプロではむしろ弱い部類に入る。送球精度も良くない。
    当時の阪神の中では、元々守備は不得手な上に衰えと故障で満足にスローイングすらできない金本知憲、故障で投手を断念し外野手に転向したばかりの一二三慎太、
    そして若くて健康であり中学時代から外野手一筋の伊藤隼太が外野の三大糞守備として比較の対象となった。


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1588725814/

    【なんJwikiの伊藤隼太の項目が罵倒だけで構成されている件wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/05/06(水) 10:09:49.94 ID:w167U3wW0

    どうなん?


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1588727389/

    【【阪神】歴代最強一番打者赤星←これww真弓じゃないの?】の続きを読む


    このページのトップヘ