タイガースデン

    2016年09月

    1: 名無しさん 2016/09/15(木)23:08:14 ID:IXQ

    60打点以上を記録した19人の中で2000年代の選手は高山のみ
    高橋由伸(1998年)、清原和博(1986年)、原辰徳(1981年)を除くと全員1950年代の選手になる模様


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1473948494/

    【高山、60打点到達で歴代新人打点19位に】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/09/13(火) 07:14:40.86 ID:t40knACN0

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20160913/tig16091305050015-n1.html

    阪神、カルロス・ゴメスをターゲット!来季4番はバリバリメジャー主砲

    狙うは“シン・ゴジラ”ならぬ“シン・ゴメス”。バリバリメジャーの主砲だ! 
    金本虎2年目となる来季へ向け、阪神が今オフ、大物外国人選手の獲得に本腰を入れることが12日、分かった。
    通算112本塁打のカルロス・ゴメス外野手(30)=レンジャーズ=の可能性が議論されるなど不動の4番獲得へ、虎は本気だ。
    中途半端はいらない。本物を狙っていく。金本阪神、勝負の2年目となる来季。是が非でも必要なのは不動の4番を託すことができる助っ人だ。
    だからこそ大物を本気で探す。球団首脳が強い決意を明かした。
    「FAは相手の意向もある。外国人に力を入れることになるだろう。力のある外国人を呼ぶことは『超変革』から遠ざかることにはならない」
    132試合を終え、チーム打率・244は12球団最低。80本塁打、473得点もリーグワーストだ。高山、北條、原口ら新星が台頭しているにもかかわらず、
    この低迷は主軸の不振に他ならない。新助っ人ヘイグはほぼ2軍生活で退団が決定的。ゴメス、鳥谷も期待を裏切り、頼りは39歳の福留だけ。しかし現在10発と決して4番、大砲タイプではない。
     優勝には育成とともに補強は不可欠。当然、FAも探っていくが、若手の機会を摘む可能性もある。「超変革」を進めるなら、4番の助っ人獲得が優先というわけだ。
     覚悟を示すようにビッグネームが浮上した。カルロス・ゴメスだ。メジャー通なら聞いたことがあるはず。ブルワーズ時代の2013年に打率・284、24本塁打、74打点、40盗塁をマークと走攻守に秀でた右打ちの外野手。
    昨季途中にアストロズにトレードされ、自由契約。今年8月にレンジャーズとマイナー契約を結ぶと、すぐメジャー契約を勝ち取り、すでに9本塁打。12日時点で通算112発、441打点、237盗塁を記録している。
     虎のゴメスはメジャー通算2本塁打だけに、まさにケタ違いの実績を持つ“シン・ゴメス”。脂の乗ってきた30歳。このクラス、レベルの選手を獲ることはできないのか? 本社、球団間で、その可能性を議論している。
    年俸9億円で代理人はスコット・ボラス氏。相当な金額がかかりそうだが、たとえ可能性としてでも「C・ゴメス」という名が出ただけで球団の本気度がうかがえる。
     近年の虎の助っ人野手の初年度年俸はマートン1億円、ゴメス8500万円、ヘイグ8000万円。ローリスク・ハイリターンは編成の手腕だが今オフに限っては、もう“外れ”は引けない。
     前日11日のヤクルト戦(神宮)。金本監督は「やりたい野球ができた」と話した。若手が作ったチャンスを主軸がかえす。大きな幹があるからこそ、若手を起用できる。その融合こそが超変革。だからこその“本物助っ人”狙いなのだ。

     C・ゴメスはサンスポの取材に応じ、日本行きについて「実は7年前に誘いがあって、行くかもということがあったんだ」と明かした。今オフにFAとなる予定。ブルワーズ時代に青木(現マリナーズ)と仲が良かった親日家は、
    メジャー残留が第一希望としながらも「日本から本当に自分を必要としてくれるというオファーがあるなら、行かないなんていわないよ」と前向きな姿勢を示した。
    no title


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1473718480/

    【阪神、メジャー112発C・ゴメス獲得へwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/09/11(日) 06:21:35.99 ID:XwXNRlq40

    1(遊)和田豊 .298(494-147) *0本 34打点
    2(左)中野佐 .210(229-*48) *8本 18打点 (高橋慶 .206(126-26) 0本 2打点)
    3(二)岡田彰 .240(383-*92) 15本 50打点
    4(一)オマリ .307(476-146) 21本 81打点
    5(右)真弓明 .267(288-*77) 17本 61打点
    6(三)八木裕 .250(472-118) 22本 64打点
    7(中)ウイン .230(453-104) 13本 44打点
    8(捕)木戸克 .227(163-*37) *5本 24打点

    6位 48勝82敗0分 勝率.369


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1473542495/

    【25年前の阪神タイガースwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    このページのトップヘ