タイガースデン

    2014年10月

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)17:27:42 ID:iNmoaL6sH

    ほんま神外人やな タフやし性格ええし
    あえて言うなら守備もうちょっと上手くなってほしいってぐらいや

    よく年俸高いとか言われてるけど充分年俸に見合ってるやろ?


    引用元: 呉昇桓とかいうぐう聖助っ人

    【呉昇桓とかいうぐう聖助っ人】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/13(月)13:42:08 ID:U63wNurmY


    来季コーチに金本、矢野、下柳、今岡、赤星のスターOBがタテジマ復帰の可能性。
    特に関川、高橋光の両打撃コーチの球団からの評価は低い
    シーズン中でも和田監督自らが野手に打撃指導する場面が多く見られた
    また掛布DC誕生も裏を返せば関川、高橋光への評価の低さの現れだった

    ・黒田正宏 ヘッドコーチ (現在後任探しに奔走、後任候補は矢野、金本)
    ・山田勝彦 バッテリーコーチ (梅野の育成も兼ね残留確実だが能力は?)
    ・中西清起 投手コーチ (残留は五分五分の状態も和田監督留任でもう1年契約も)
    ・山口高志 投手コーチ (球児、松田の速球派を育てた火の玉コーチでブルペン担当)
    ・吉竹春樹 野手総合コーチ (来季も山脇との何故かクビにならないツートップを結成)
    ・関川浩一 打撃コーチ (クビ確定、後任候補は佐々木誠、金本、今岡)
    ・高橋光信 打撃コーチ (クビ確定、若手野手の兄貴的存在を期待したが皆西岡、福留に懐いた)
    ・オマリー 打撃コーチ補佐 (外国人の精神的支柱でありながら鳥谷にも開幕前から新打撃フォームを指導し成功)
    ・高代延博 内野守備走塁コーチ (説明不要の1億円の価値がある神コーチ)
    ・山脇光治 外野守備走塁コーチ (長年ファンから球団1嫌われてる人物、球団公認の永久雇用の噂)
    ・伊藤敦規 トレーニングコーチ (特に若手投手の側に居て良き話し相手)


    引用元: 阪神コーチ陣を一新!現在のコーチ陣の顔ぶれwwwwwwww

    【阪神コーチ陣を一新!現在のコーチ陣の顔ぶれwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/12(日)23:16:35 ID:ZbJlbsPFW

    愛しい奈々!おはよー!チュッ(笑)

    もう俺と奈々は既に運命共同体となっておりますので、どうか最後までお付き合いください(笑)

    明日の晩は抱っこして、腕枕して寝てあげるからね

    奈々!俺にもチュッは?(笑)

    まだお風呂かな?一緒に入ろう! 今度ね!って…もう俺と奈々は、何でもありでしょ?(笑)

    また湯船に浸かって、ちょっと恥ずかしそうな顔のかわいい奈々を見せてね! チュッ

    明日勝てるんですかねぇ


    引用元: CS第1ステージ突破したか…ここらで例のメールを振り返ってみるか

    【CS第1ステージ突破したか…ここらで例のメールを振り返ってみるか】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)10:31:46 ID:foRfcUVFD

    あるぞ、打線の大シャッフル!11日から、広島とのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(S)に臨む阪神は9日、甲子園球場で全体練習を行った。和田豊監督(52)は「どうやって点を取るか。その形を考えていかないと」と先手必勝のためのテコ入れ策を模索。レギュラーシーズン終盤から続く貧打を解消すべく、オーダー改造に着手する可能性が出てきた。
    決戦を2日後に控えたこの日はシート打撃が実施された。その打順は1番・マートン、2番・大和、3番・福留、4番・ゴメス、5番・新井、6番・鳥谷、7番から鶴岡と藤井が連続で打って、最後に上本…。あくまで練習だが、好調のマートン、福留を1、3番に据えるオーダーは、やけにリアルな順番でもあった。
    「打線は“誰が、どこがいい”じゃなく、“どうやって点を取るか”ということ。その形を考えていかないといけない」
    自ら示唆したように、和田監督は打線のテコ入れ策を模索していたもようだ。レギュラーシーズン終盤、特に最後の5試合はわずか11得点と低空飛行。何とか2位でフィニッシュしたとはいえ、短期決戦へ向けた不安感はぬぐい去り切れていない。その流れを持ち込むわけにはいかず、大胆な“打線改造”も視野に入るわけだ。
    「(上本はシーズン終盤に)不振の時期が長かったから。引きずっているわけじゃないんだろうけど、それが普通になっている。明日は前日だから、きょう徹底的に。これでやろう、というところを確認した。しっかり吹っ切って、CSに入っていかないといけない」
    本来なら、CSにも戦い慣れたオーダーで臨みたい。だが大きな不安要素がある。上本のスランプだ。今季、1番打者として123試合に先発した選手会長だが、ラスト10試合は42打数6安打、打率.143と大失速。そこで指揮官は動いた。この日のシート打撃を4打数1安打で終えた上本が室内練習場へ向かうと、指揮官も後を追った。再び姿を現したのは約1時間半後。その間、背番号4に熱のこもった指導を施したと見られる。
    「(上本の打順について問われ)西岡の状態もあるし、坂もいい状態だから」。とはいえ、一朝一夕でスランプ脱出というのは難しいかもしれない。そこで急浮上するのが「1番・西岡」だ。みやざきフェニックスリーグでは「1番・三塁」で先発出場済み。守備も軽快にこなしており、状態は上々だ。そのオーダーが脳裏にあるからこそ、指揮官も西岡の名を口にしたに違いない。
    短期決戦―。双方がエース級をぶつけ合うだけに、少ない好機をいかに得点に結びつけられるか否かが、勝敗のカギを握る。昨年のCSファーストSでは、2試合計5得点で敗れた和田阪神。確かなことは、同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかないということだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000074-spnannex-base


    引用元: 【スパイスファサー】阪神 CSオーダー大改造?1番マートン、3番福留で貧打解消だ

    【【スパイスファサー】阪神 CSオーダー大改造?1番マートン、3番福留で貧打解消だ】の続きを読む


    このページのトップヘ