タイガースデン

    2013年04月

    1: 風吹けば名無し 2013/04/02 23:24:49 ID:nKkb4A1D

    (セ・リーグ、阪神4x-3中日、1回戦、阪神1勝、2日、京セラドーム大阪)阪神が九回に代打攻勢で作った無死一、三塁の好機で西岡の右前タイムリーでサヨナラ勝ち、連敗を2で止めた。
    今季初先発となった能見は7回6安打3失点と粘投を展開したが勝ち負けはつかず。それでも完全復調への手応えをつかんだマウンドとなった。
    WBC出場による調整不足を感じさせない投球だった。「不安材料はありません」。能見はこう言い切った通り、一回から左腕をしならせた。
    四回一死一、二塁から、WBCをともに戦ってきた井端に左前へ先制適時打を許した。さらに森野のゴロで併殺を狙った西岡の失策で一死満塁のピンチ。だがエースは踏みとどまった。
    谷繁を三邪飛、藤井を見逃し三振でピンチを切り抜けると、眠っていた虎打線も発奮し、四回にひっくり返した。
    本来なら開幕投手。だがWBC日本代表に選ばれ、3月18日の準決勝・プエルトリコ戦(サンフランシスコ)では2番手で0-1の七回に痛恨の2ランを浴びた。精神的なショックも考慮され、この日の先発となった。
    戦前の能見は「どうなんですかね。特別なんですかね。この前もファームで投げていたし、不安は持たないようにしています」と平常心を強調していた。
    長いイニングを投げてこなかった影響は、やはりあった。六回に和田に左中間席へ本塁打、七回二死三塁から大島に同点の中前適時打を浴びた。
    結局、7回3失点で降板した左腕の粘投に打線が奮起。九回に坂、小宮山の連打で迎えた無死一、三塁から西岡が右前へサヨナラタイムリーを放ち、連敗を2で止めた。
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20130402/tig13040221280011-n1.html


    引用元: T・能見、WBCの悪夢吹っ切れた!7回3失点粘投

    【T・能見、WBCの悪夢吹っ切れた!7回3失点粘投】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/04/01(月) 19:49:19.21 ID:oZisxgVj

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130401-00000521-san-base
    大阪府堺市に生まれ、普段の会話は俗に言うコテコテの大阪弁。それでいて、報道陣を前にすると、標準語で淡々と言葉を並べるスマートな青年に早変わり。
    「大阪弁だと、どぎつい言葉が出てしまうかも。テレビはいろんな人が見ている。影響力が大きいから標準語で」と、18歳の“青さ”がない。


    引用元: 藤浪「TVは色んな人が見る。報道陣には標準語で」

    【藤浪「TVは色んな人が見る。報道陣には標準語で」】の続きを読む


    このページのトップヘ