タイガースデン

    2013年01月

    1: 風吹けば名無し 2013/01/19(土) 23:07:31.59 ID:D5zqLQ5U

    昨シーズンのプロ野球は巨人の強さばかりが際立っていたが、はたして今年は‥‥。

    「史上最速の7月8日のマジック点灯を超え、7月7日以前にマジックが出るのは確実と言われている」(巨人番記者)

    逆に、一人負けするのは阪神とか。
    「ベイスターズはブランコとか、補強した戦力が暴れる可能性がある。とすると、投打とも弱い阪神が今年以上にひどい成績で終わる可能性は十分にあります。
    パ・リーグでは、今年優勝した日本ハムも連覇は厳しい」(プロ野球解説者の江本孟紀氏)

    http://news.livedoor.com/article/detail/7314427/


    【江本「最下位は投打とも弱い阪神」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/01/19(土) 09:28:38.21 ID:kCPHn2Xl

    サンテレビの「熱血タイガース党」に阪神D1位・藤浪とD2位・北條史也内野手(光星学院高)が18日、生出演した。藤浪は、野球以外での特技を告白。英検準2級を取得しているだけに英会話を挙げ「ちょっとだけ英語を習ってたんで」と話した。
    質問に「○×」の札で答えるコーナーでは『俺の方がモテる』という項目で、藤浪が「×」と自信なさげだったが、北條は強気に「○」を出していた。
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20130119/tig13011905030011-n1.html


    【藤浪よりモテる!虎・北條、TV出演で強気回答】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/01/18(金) 19:19:06.98 ID:C7wtiRkU

    右肩後方関節唇(しん)損傷から再起を期す阪神・新井貴浩内野手(35)が17日、鹿児島県最福寺での護摩行を終え、広島入り。
    同市内のジム「アスリート」で下半身強化に取り組んだ。
    新井の肉体を計測した同ジムの平岡洋二代表は教え子の筋力について、開口一番「心配だらけ」と眉間にシワを寄せた。
    今オフは右肩痛の影響で本格的な筋力強化を満足にこなせていない。胸囲、腹囲、上腕囲、大腿囲…すべてのサイズが例年のこの時期と比べ、数段下回っていることが判明した。
    「新井の記録を見たら体のサイズもトレーニングの数値も入団3年目とほぼ同じ。太ももは全盛期より4センチほど細い」。
    本塁打王のタイトルを獲得した05年1月の記録用紙では大腿囲は68センチ台をキープ。
    ところが、この日は64センチ台。下半身の筋力を測る垂直跳びでも同年より、14センチ下回った。
    「筋力はピークと比べて20%減。金本がひざや肩をケガして、どうしようもなかったときでさえ、5%減ほど。このままでは深刻」と話した。
    http://www.daily.co.jp/tigers/2013/01/18/0005677443.shtml


    【【悲報】新井、晩年の金本よりも深刻な模様】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/01/16(水) 19:39:53.30 ID:+ferBb79

     阪神のドラフト1位・藤浪晋太郎投手(18)=大阪桐蔭高=に、早くも不安の声が上がっている。
    新人合同自主トレ初の休日だった14日も、「完全に休むのはよくないので」と鳴尾浜の室内練習場で
    キャッチボールなどで汗を流した藤浪。身体能力の高さも実証済みで、今のところ球団も口を挟んではいない。
    しかし、周囲には“飛ばしすぎ”と映っているようだ。
    あるコーチは「プロとアマではスピードとパワーが違う。緊張するし、筋肉の張り方も違う。まずはプロの体作りが大事。
    肩やひじの負担を考えたらけがをされても困る」と心配する。野球協約で、12月と1月は直接指導は禁止されている。
    それだけに、別のコーチも「今はストップをかけるとき」とジレンマにさいなまれている。
     確かに、練習の量だけなら高校生の方がプロを上回るともいわれる。しかし、プロは年間レギュラーシーズンだけでも144試合。
    人生がかかった緊張感やプレッシャーは、アマチュアの比ではない。そうなれば、おのずと調整法も変わってくるというもの。
    将来を背負う逸材だからこそ、首脳陣が適正なペースを教えるのも重要な仕事。藤浪がこれから30年近く現役で投げるためにも。

    http://news.infoseek.co.jp/article/16fujizak20130116012


    【初の休日も返上・・飛ばしすぎ藤浪に早くも不安の声】の続きを読む


    このページのトップヘ