タイガースデン

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/07/11(水) 11:48:35.27 ID:d1EiOFPm 
      昨季まで甲子園で1軍、鳴尾浜で2軍の試合が行われると、木戸ヘッドらが鳴尾浜に足を運んで、2軍の選手の状態を観察。  
      2軍スタッフとも意見交換し、その情報を真弓監督に伝えていた。  
       
      和田虎1年目。以前から指摘されていたが、今回も阪神の1、2軍の組閣プロセスに問題がある。  
      1軍の監督を決めるのは坂井オーナーの専権事項。そこから組閣作業がスタートするが、2軍に関してはフロント主導で人選が進められる。  
      阪神の職員数は他球団と比べて多い。それなりの実績を残し、球団に盾突かなかった選手には引退時、フロント、2軍コーチ、解説者など、  
      新たなポジションが用意されている。  
       
      和田監督の選んだ1軍スタッフとフロントが選んだ2軍スタッフの間にある微妙な空気…。  
      そんな中で、果たして若い選手は育つのか。  
       
      http://www.sanspo.com/baseball/news/20120711/tig12071111010016-n1.html  
     
       【【和田虎・暗黒の漂流】対話不足の1、2軍首脳陣】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/07/10(火) 14:29:12.94 ID:2yNlDo9s 
      マー&ブラ外し若虎積極起用へ!  
       
       阪神が、9連戦初戦となる10日の中日戦から若手を積極起用する方針であることが9日、明らかになった。  
      片岡篤史打撃コーチ(43)が「今後は調子のいいヤツをどんどん使っていく」と明言。  
      これまでは主力の復調を待っていたが、マートンやブラゼルの起用を減らし、新井良、大和、今成ら好調な若手の起用にシフトチェンジする。  
       
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120710-00000022-dal-base  
     
       【ついに阪神がマートン、ブラゼル外しを決意】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[sage] 投稿日:2012/07/10(火) 05:34:08.33 ID:ne0cMbzy 
      【和田虎・暗黒の漂流】悪態マートンが再出発に水(2/3ページ)  
      http://www.sanspo.com/baseball/news/20120709/tig12070916010012-n2.html  
       
      >それを象徴するように前日7日には判定をめぐって球審にクレームをつけ、あわや退場寸前になっていた。  
      >今季を通じて球審の判定に異を唱えるのは日常茶飯事。「能見さんが嫌い」発言ばかりがクローズアップされたが、  
      >舞台裏ではさらに“大きな事件”も引き起こしていた。  
       
      >6月23日のDeNA戦(甲子園)。7-3で勝ち借金を「1」にした試合だ。  
      >4点リードの八回無死二塁の場面でベンチはマートンに右打ちの指示を出した。前打席まで出場18試合ぶりの  
      >猛打賞をマークし、復調へ一気呵成(かせい)といきたかったM砲は、この試合展開で制約をかけられたことにブチ切れ。  
      >一飛に倒れた後、ベンチ裏だけではなく、試合中にも関わらずクラブハウスへと戻るという“職場放棄”。  
      >あまりの操縦不能ぶりに周囲は大慌てとなった。  
     
      
    【マートンちょっとヤバすぎるやん・・・】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/07/09(月) 12:10:38.12 ID:COmodJgf 
      阪神“自力V”消滅は誰のせい?捕手補強も久保田と交換で実現せず  
       
      もはや“底なし沼”。阪神は8日の巨人戦も2-3で逆転負けし、今季初の6連敗で、開幕から75試合目にして自力優勝が消滅した。  
       リーグ戦再開後は3勝11敗。最下位の横浜DeNA(3勝10敗)も下回る惨状で借金9。和田豊監督(49)も「とにかく甲子園に帰ってやるしかない。このままなんとか踏みとどまって、しっかりやります」と絞り出すのがやっとだ。  
       もはや優勝の可能性が現実として遠のいたことで、球団には判断が求められる。緊急補強であくまで上位を追いかけるのか、それとも目標を下方修正して来季以降を見据えた戦いに切り替えるのか。  
       高野栄一球団本部長は「今はこの戦力で戦ってもらうことだと思います。ファンに対しても、チームにもう一回奮起してやってもらう、としか言いようがないですね」と歯切れが悪い。  
      和田監督をはじめ、現場だけに責任を負わせられないのは致し方ない。球団としても、危機管理の点でサポートが十分であったとは言い切れないからだ。  
       実は開幕前、左ひざと右ひじに故障を抱える城島健司捕手(36)にくわえ、藤井彰人捕手(36)まで2月のキャンプ中に左脇腹を痛めたことで、実績のある捕手の緊急補強も検討していたという。  
       だが、実際には成功していない。関係者によると「オリックスの日高剛捕手をトレードで獲得する話もあったが、交換相手に求められたのは久保田智之投手ら実績のある選手。首をタテに振らなかったようだ」という。  
      結局、補強に踏み切れなかった結果、城島は腰椎椎間板ヘルニアの手術で前半戦は絶望。藤井も度重なる故障で戦列離脱を繰り返している。  
       低迷の原因は捕手だけではないが、不測の事態への準備不足は明らか。これでは現場もフロントも、威勢のいい巻き返しを誓う声が上がらないはずだ。  
      http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20120709/bbl1207091137000-n1.htm  
     
       【【悲報】阪神久保田とオリ日高のトレードが不成立】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/07/08(日) 12:50:03.00 ID:33LGGhWF 
      阪神の和田豊監督(49)は5日、松山・坊っちゃんスタジアムでの全体練習前に、  
      選手、コーチ、スタッフら1軍に帯同する全メンバーを集め、グラウンドで緊急ミーティングを行った。  
      借金6の5位に低迷する苦境を打破すべく、6分間に及ぶ熱弁でナインを鼓舞。  
      首位巨人との3連戦を前に、ゲーム差は「10」と開いたが、開幕前に掲げた優勝の目標を下方修正せず、  
      球宴までに借金を完済し、後半戦に優勝戦線に躍り出ると宣言した。  
       
      小雨が降る外野の芝で、猛虎が反撃の雄たけびを上げた。円陣の輪の中心に、右手にノックバットを持った和田監督が立った。  
       
      「残り12試合で9勝3敗、開き直って借金を全部返すつもりで頑張ろう。俺はオールスターまでに借金を返すと思っていく。  
      現状で目標の修正など一切考えていない。開幕前の目標を下げたりはしない。  
      大した補強もしていないけど、俺はこのチームで勝ちたい、このメンバーで勝負したい。みんなのことを信じているし絶対に盛り返せる」  
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120706-00000018-dal-base  
     
       【和田監督5割で球宴へ、「12試合で9勝3敗」宣言!】の続きを読む


    このページのトップヘ