タイガースデン

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/04/14(土) 23:35:05.32 ID:A3sviSz3 
      4月10日、阪神・藤川球児(31)が海外FA権を取得した。その頃、米国ではダルビッシュ有(25=テキサスレンジャーズ)のデビュー戦が話題になっていた。  
      5回3分の2を投げ、『5失点』。相手打線を力(=直球)と技(=制球力と多彩な変化球)で封じ込めてきたファイターズ時代を知る日本のファン、関係者にすれば、ちょっと物足りない数字である。  
      「ダルビッシュの実力がこの程度だとは、アメリカのファンも思っていません。でも、4点を失った初回を見て、『ダルビッシュでも緊張するんだな。コントロールに苦しむ場面があるんだ』と思いました」  
      米国メディア陣の1人がそう言う。「公式戦初登板の緊張感」が大量失点の原因かどうかは決めつけられないが、ダルビッシュの『ホロ苦デビュー』は、藤川の評価にも影響を与えていた…。  
      海外FA権取得とほぼ同時に、『オリオールズが藤川の獲得に向け、調査に乗り出す』との一報もあった。しかし、大多数のメジャー球団は一歩引いた見方をしている(15日時点)。  
      「藤川? 『直球の速い右のリリーバー』なら、マイナー、中南米にたくさんいますからね。ダルビッシュがポスティングに掛かるまでの間は、  
      メジャースカウトが大挙して日本にやってきましたが、今回の藤川にする調査はさほど熱心ではありません。今は静観しているといった感じです」(米国メディア陣の1人)  
      在京球団スコアラーの1人もこう続ける。  
      「去年までの話ですが、阪神対中日戦ではメジャースカウトをよく見掛けましたよ。でもね、チェン・ウェイン(中日-現オリオールズ)が降板すると、ほとんどのスカウトが引き上げてしまいました。  
      メジャースカウトは合理的で目的以外の視察はやらないのかもしれませんが…」  
      http://npn.co.jp/article/detail/93692200/  
     
       【米国人「藤川?あの程度ならマイナーに沢山いる」】の続きを読む

    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/04/14(土) 15:10:00.60 ID:HCkThFSs0 
      オーナー「和田監督が海外へ留学することになった」  
       
      金本「シーズン途中にそんな…」  
       
      オーナー「そこで、虎のエース金本くんに代理監督を任せたい」  
       
      金本「でも、俺は選手ですし」  
       
      オーナー「頼む…!虎のエースで兄貴の金本くんにしか出来ないことなんだ!」  
       
      金本(ここまで頭下げられたら断る訳にもいかんしな…)  
       
      金本「分かりました、引き受けさせてもらいますわ」  
     
       【金本「俺が選手兼監督に……?」】の続きを読む

    1 名前:三毛猫φ ★[sage] 投稿日:2012/04/13(金) 22:15:17.56 ID:???0 
       阪神は13日、中日に3対1で勝利した。阪神は引き分けを挟んで3連勝。  
       
       以下は、和田豊監督のコメント。  
      「(抑えの藤川球児が2日続けて満塁のピンチだが)球児も3連投なんでね。ランナー出しても  
      よく抑えてくれた……ただ何とも言えんですね。(今季の藤川は監督の目から見てどうですか?)  
      決して悪くはない。まだ乗り切れてないところがある。その中で抑えてくれてる。これから。  
      (先発・能見のピッチングは)さすがエース。初回に点を取られたけど、その後は抑えてくれた。  
      言うことなし。  
      (打線は)強引にならず打ち返せてる。安打数の割には点が取れなかった。走る方のミスもあったし、  
      ウチが目指してる野球とは違う。そこをしっかりチェックしないと。(6回にタイムリーを放った平野は)  
      チャンスが3回いってるんでこちらとしても(平野)恵一で勝負。託した結果、良い結果が出た。  
      ホントは2点取らないと。そこをしっかり詰めてやっていきたい」  
       
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120413-00000026-spnavi-base  
     
       【【野球】阪神・和田監督、2戦連続で満塁のピンチを背負った藤川球児に「まだ乗り切れてない」】の続きを読む


    このページのトップヘ